Blog&column
ブログ・コラム

事業計画の不安や疑問は経理・経営に詳しい税理士へ相談しよう!

query_builder 2022/04/01
コラム
35

創業者の中には、資金繰りに悩んでいる方や、経営に関する不安を誰に相談したらいいのかさえ分からない方も多いはずです。
今回は、資金調達の鍵である事業計画書の作り方についてお伝えしていきますので、経営に関する不安を抱えている方は参考にしてみて下さい。

事業計画書は資金調達の「鍵」となる
金融機関から融資を得るには、必ず事業計画書の提出が必要となります。
しっかりとした事業計画書を作成し、金融担当者を納得させることができれば、資金調達を実現することができます。

資金調達を目的とした事業計画書の作り方
事業計画書の様式に、決まった形はありませんが、目標によって書き方は変わります。
資金調達を目的とした事業計画書を作るのであれば、以下の内容を記載していきましょう。

・基本情報
社名や屋号、所在地や電話番号、代表者名など、会社の基本情報を記載します。

・経営者のキャリア
信用を得るために、経営者自身の経歴やスキル、人柄などを細かく記載しましょう。

・事業の目的
事業をやる目的や、事業を通して社会に提供したいものは何かを具体的に記載します。

・事業概要
仕入計画や販売計画、設備計画や取引情報などを記載し、リアルな事業計画内容を伝えましょう。

・他社との差別化
他社との差別化は、会社にとっての強みになります。
自社独自のサービス・商品であることをアピールしましょう。

資金計画
事業計画を実行するには、資金がいくら必要かを明確に提示しましょう。

・収入計画
収支計画は、一定期間の事業の収支を予想して記載します。

▼まとめ
資金調達へ向けての事業計画書を作成する際は、第三者から見ても分かりやすい内容となっているかを意識しましょう。
当税理士事務所では、資金繰りに頭を抱える経営者様の資金調達に向け、アドバイスと書類準備をサポートいたします。
税務面に限らず、幅広い経営コンサルティングをご希望であれば、是非お問い合わせください。

NEW

  • 変化する経営環境にどうすればよいでしょうか

    query_builder 2022/06/30
  • 予算管理はなぜ必要だと思われますか?

    query_builder 2022/06/01
  • キャッシュフロー経営について考えてみましょう

    query_builder 2022/05/01
  • 経営判断についてお悩みではありませんか

    query_builder 2022/03/31
  • 医療コンサルタントの仕事について

    query_builder 2022/02/28

CATEGORY

ARCHIVE